▼ ピックアップ!


301 Moved Permanently

Moved Permanently

The document has moved here.


Apache Server at www.url-manager.net Port 80


▼ アルツハイマー病の症状の段階について

アルツハイマー病という病名を、皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
アルツハイマー病の由来は、ドイツの病理学者のアルツハイマーが進行性の記憶障害を伴った痴呆患者を報告したことだそうです。
アルツハイマー病は、大脳の萎縮性疾患で、痴呆に伴う失語、失行、失認が見られます。
45~65歳に発病すると言われていて、高齢になるほど発症率が高いそうです。

しかし、現在では高齢の人だけでなく、18歳くらいの年齢の人でもアルツハイマー病にかかることが多いそうです。
若年層でもかかることのあるアルツハイマー病は、年齢を問わずかかる病気と言えます。

アルツハイマー病の初期段階では、頑固になったり、自己中心的になったり、人柄に繊細さがなくなったりする軽度の人格変化、不安、抑うつ、睡眠障害、幻視妄想などの症状を引き起こします。
ごく初期の症状は、本人も家族も気づかないほどの症状です。
頭痛やめまいといった、日常によくある症状がごく初期ではあります。
そのうち、不安感に駆られたり、夜眠れなくなったり、という症状になり、うつ病と勘違いしてしまうこともあります。

アルツハイマー病での初期症状に気づいたら、早期からの対処ができるので、病状の進行を抑えることができます。
アルツハイマー病の初期症状では、新しいことを覚えられない、物や人の名前が出なくなる、物をどこに置いたか忘れる、家事や仕事の段取りが悪くなるなどがあります。
例えば、いつもしている料理の手順を忘れたり、間違えたり、同じ道を間違えたり、同じことを何度も尋ねたり、駅で切符が買えなかったりという症状が出ます。
現在では、初期段階に対応することで、進行を抑えるだけでなく、本物のアルツハイマー病への移行を止めることもできるので、初期症状を見過ごさないことが、重要になります。

アルツハイマー病の症状の段階について、少し詳しく説明していきたいと思います。
軽度認知障害は、アルツハイマー病の前触れと言われていて、知的能力の低下の2~3年前から、軽度の人格変化、不安、抑うつ、睡眠障害、妄想などが起こります。
軽い物忘れもありますが、生活に支障のない程度なので、気づきにくいようです。

アルツハイマー病第一期は、健忘期とも言われています。
健忘症状、道に迷うなどの空間的見当識障害、多動、徘徊などが認められる段階です。
また、大脳皮質の全般の機能が衰え始める時期で、単なる物忘れの度を越え始める時期でもあるのです。

アルツハイマー病第二期は、混乱期とも言われています。
大脳皮質の萎縮が進行し、初期の症状が一層深刻化して、会話が困難になります。
高度の知的障害、失語や、方法はわかっているのにできない、服の着方は知っているのに着ることができないなどの失行、目では見えているのに、見えていると認識できない失認という症状が現れてきます。
また、スムーズな体の動きがとれない錐体外路症状がでることもあり、パーキンソン病と間違われることもあります。

アルツハイマー第三期は、臥床期とも呼ばれています。
寝たきりとなり、しばしば失禁する、拒食、過食、反復運動、けいれんなどが起こり、言葉も失われるようになる高度な痴呆の末期です。
身の回りのこともできなくなるので、生活全般において介護が必要となる時期です。

アルツハイマー病と診断されてから、2~5年で感染症などによって亡くなる人が増えています。
アルツハイマー病の初期症状で、適切な治療を受けることは、進行を食い止めるためにもとても重要なことなのです。

▼ アルツハイマー病の原因と進行を防ぐ治療薬

アルツハイマー病の原因と言われているものには、いくつかの説があります。

一つ目の説は、βアミロイドというたんぱく質が脳内の組織に蓄積して、脳の神経細胞が死滅するという説です。
脳の中でも、特に大脳皮質が極端に萎縮し、痴呆発症へ至るというのです。
正常な人間においても合成、分泌されているβアミロイドは、酵素によって蓄積しないのですが、加齢に伴い分解が追いつかず蓄積されることで、アルツハイマー病の発症につながると考えられています。

二つ目の説ですが、大脳皮質などにできるシミのような老人斑という繊維状の物質の増加が、アルツハイマー病の発症の原因とされています。
しかし、この説は現在疑問視されています。
それは、老人斑がアルツハイマー病でない人にも多く見つかっていて、短期の記憶に関わる海馬ではあまりみられないからです。

三つ目は、古くなった繊維状のたんぱく質が、細胞内にたまって固まった糸くずのような神経原繊維変化が原因という説もあります。
神経原繊維変化は、アルツハイマー病になった人の脳内神経細胞で多く見られます。
それが増加すると、神経細胞は減少します。
しかし、二つ目の説であった老人斑と同じように、アルツハイマー病でない人にも神経原繊維変化は見つかっています。

四つ目は、遺伝するというものです。
遺伝する家族性アルツハイマーでは、原因遺伝子があります。
βアミロイドのもととなる物質であるアミロイド前駆体たんぱく質遺伝子(APP遺伝子)、プレセニリン1、プレセニリン2という遺伝子が、原因遺伝子であるということがわかっているそうです。
APP遺伝子、プレセニリン1、プレセニリン2の変異がβアミロイドを増加させ、βアミロイドは神経細胞の中に蓄積して、アルツハイマーが発病すると考えられています。

また、原因因子は他にも、神経伝達物質の異常、アルミニウム、活性酵素など様々なものが考えられています。
アルツハイマー病の原因は特定されておらず、いつアルツハイマー病になってもおかしくはないので、初期症状を見逃さないようにしましょう。
初期症状を見つけたら、その段階での治療をすることが、症状の進行を防ぎます。

アルツハイマーの初期症状を見つけたら、症状の進行を防ぐ薬も出ていますので、初期症状を見逃さないように気をつけておきましょう。
その薬は、アルツハイマー症状である、不眠、易怒性、幻覚、妄想などに効果があり、病気をある程度遅らせることも可能になっています。

アルツハイマー病では、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの減少が見られますが、そのため、アセチルコリンを分解する酵素を阻害して、アセチルコリンを増やす薬のドネペジルが日本では多くの人に使用されています。
ドネペジルは、脳内のアセチルコリンの量を増加させるだけでなく、病気の進行も遅らせることができるそうです。

アルツハイマー病の患者は、失禁、徘徊など家族にとって苦労の多い場面がありますが、アルツハイマー病の進行を防ぐことで、それが軽減されます。
初期症状が出た段階で、適切な治療を受け、薬の投与によって病気の進行を食い止めることができるので、アルツハイマー病を根本的に治す薬がないからといって、絶望することはありません。

世界中で行われているアルツハイマー病原因究明のための研究によって、効果的な治療薬が将来開発されることでしょう。

▼ 新着情報

301 Moved Permanently

Moved Permanently

The document has moved here.


Apache Server at www.url-manager.net Port 80